グローバルWiFiの口コミは嘘?真実のレビューはこちら

アラビアンナイトと大都会

ドバイへの旅行をおすすめします。もともとイスラム圏の国を旅行してみたいと思っていましたが、昨今の治安事情から、なかなか行けないでいました。その点、ドバイでは治安が安定していますし、実際に夜に出歩いても幸い危険な目にあうことはありませんでした。

 

飛行機がドバイへの着陸に近づくと砂漠が広がっています。その砂漠の向こう側に高層ビルが建ち並んでいる光景は砂漠の中に唐突に現れた大都会を彷彿させ、他の都市では味わえないものです。ドバイの建物のイメージとしてはやはり高層ビルや巨大なショッピングモールだと思います。なかでも世界一高いビルであるブルジュハリファは圧巻です。登ろうとするとかなり混んでいます。予約をするのがおすすめです。

 

が、同じ予約をするなら、せっかくならブルジュハリファ内にあるレストランでのアフタヌーンティーをおすすめします。お値段は決して安いとは言えませんが、他では味わえない絶景が広がっています。アフタヌーンティーといいながら、アルコールや前菜など甘いもの以外も出てくるのでしっかりとお腹をすかしていくことをおすすめします。

 

都会のイメージが強いドバイですが、オールドドバイではスークの活気や雑多な感じが昔ながらの街を感じさせます。特にゴールドスークのきらびやかさには目を見張るものがあります。昔のドバイがわかるドバイ博物館の展示が充実しており面白かったです。

 

砂漠の街に来たのだからということで、砂漠に行くオプショナルツアーに申し込む人も多いと思います。多いのが夕方から夜にかけて出かけるツアーかと思います。しかし、早朝に出掛けて朝日を見るツアーを薦めたいです。なんといっても、朝日が上る様子です。沙漠に徐々に太陽の光が広がっていく様はなんとも素敵でした。
都会、イメージしていたアラビアンナイトのような雰囲気の街、砂漠、ビーチといろいろな面が楽しめることでしょう。

東南アジアのマレーシア旅行はオススメです

海外旅行はその人に刺激的な体験を与え、より広い物の見方ができるようになります。そんな海外旅行が趣味になっている人たちは少なくありませんが、身近なアジアのエリアでオススメの海外旅行先として紹介したいのがマレーシアです。日本と同じくらいの国土を持つマレーシアは常夏の国そしてイスラムの国として知られていますが、多民族国家であること、地域の治安は比較的安定し経済成長が著しい国として注目されています。

 

マレーシアがオススメの理由としてまずが観光があります。首都であるクアラルンプールには有名なツインタワーがありその景観は見事です。特に夜の時間に見るツインタワーは格別であり、眩しいほどの光を放っていてその迫力に圧倒されそうになります。また、イスラム建築のモスクや建物が多く、そうした独特のデザインは見応え十分です。ショッピングはびきビンタンエリアに集中しており、ショッピングモールがたくさんありますので、そうしたところで買い物を楽しめるでしょう。

 

マレーシアにはマレー系と中華系そしてインド系の人たちが混在する多民族国家です。マレー系の料理や中華系、インド系のレストランがそれぞれあり、どの料理もおいしく日本にはない味付けの物は少なくありません。スパイシーさがまた南国に合うので楽しめるでしょう。物価が低く食事はかなり安く食べることができますので、節約しながら異文化や刺激的な体験をたくさんすることができるでしょう。

関連ページ

海外旅行で便利なWi-Fiルーター
グローバルWiFiの口コミは嘘なんじゃないか?と疑る方もいらっしゃると思いますが、実際のところ公式サイトのレビューは当てにならないですよね。私が実際に使った時のレビューを書いていきます。
夢にまで見たディズニークルーズ!
グローバルWiFiの口コミは嘘なんじゃないか?と疑る方もいらっしゃると思いますが、実際のところ公式サイトのレビューは当てにならないですよね。私が実際に使った時のレビューを書いていきます。
もう一度行きたい南フランス
グローバルWiFiの口コミは嘘なんじゃないか?と疑る方もいらっしゃると思いますが、実際のところ公式サイトのレビューは当てにならないですよね。私が実際に使った時のレビューを書いていきます。
海外旅行にはスリや置き引きなどの盗難に注意!
グローバルWiFiの口コミは嘘なんじゃないか?と疑る方もいらっしゃると思いますが、実際のところ公式サイトのレビューは当てにならないですよね。私が実際に使った時のレビューを書いていきます。
初ヨーロッパ旅行で選んだブルガリア
グローバルWiFiの口コミは嘘なんじゃないか?と疑る方もいらっしゃると思いますが、実際のところ公式サイトのレビューは当てにならないですよね。私が実際に使った時のレビューを書いていきます。